症例報告

50代男性。指のしびれ

50代男性。右手の痺れを訴え来院。

症状
1ヶ月程前から右人差し指と中指、薬指の第2関節から指先までに痺れが出現。
デスクワーカー。運動なし。とくに生活に変化はなく思い当たる原因がないが最近首のコリがきついなと思っていた。この痺れは常にある。首を右斜め上に向けると痺れが少し増悪する。マッサージに行ったり、整形外科に行ったが変化が見られず不安に思っている。整形外科ではストレートネックと言われただけだった。

所見
右肩甲挙筋、僧帽筋、広背筋三角筋過緊張
右前腕屈筋群過緊張
左胸鎖乳突筋過緊張
左腰方形筋、中殿筋、大殿筋過緊張

施術
上記の筋肉に過緊張を及ぼしている骨盤、脊柱の歪みに対しカイロプラクティックアプローチ。
1回目の施術後、しびれに変化なし。首の可動域が増加し、コリ感が減少。
5日後2回目の施術後、翌日から午前中のしびれは出なくなる。午後からしびれが出てくる。
6日後3回目の施術後、しびれの出現は夕方6時以降になった。範囲が減り示指(人差し指)のみとなる。
2週間後4回目の施術後、日常のしびれは出なくなり、首を右斜め上に向けた時のみ示指に微かにしびれが出るのみとなる。首のこりもそういえば気にならなくなった。

まとめ
今回のしびれのケースは、発症後一か月という比較的早い段階で来院して頂けたため早期改善が出来ました。ご自宅で肩甲骨を動かす体操と、頸部のストレッチを行って頂けたことも早期改善に役立ちました。しびれの改善スピード(施術回数)はかなり個人差があります。発症からの年月、年齢、運動の有無、柔軟性、歪みからくるものなのかヘルニア性のものなのか狭窄性のものなのかによって大きく変わってきます。初回時、検査し施術の結果からお身体の状態と施術計画をきちんとご説明させて頂きます。ぜひ安心してご相談下さい。今回の患者様はしびれ改善後も1~2か月に1回のペースでメンテナンスで来院されています。ペースは様々ですがたまにメンテナンスしていると良い状態を保ちやすく再発予防になります。

-症例報告

Copyright© パームカイロプラクティック , 2020 All Rights Reserved.