症例報告

ジョギング時の股関節と膝の痛み

50代男性。ジョギング時の股関節痛と膝の痛み。

症状
半年前からジョギングで10km程走ると右股関節と膝に痛みが出るようになる。10km未満であれば痛みは出現しない。ジョギングシューズが合っていない可能性もあるので変えてみても痛みは同じであった。10kmで痛みが起こってからも走ることは出来るがペースは落ちる。股関節は足を上げたときの痛み、膝は着地時の痛み。休息をとれば痛みは落ち着くため歩行に支障をきたすことはない。
以前にも同じような痛みはあったがすぐに治っていた。今回は痛みが長いことと、2か月後にフルマラソンの大会があるため何とか治したいと思い来院された。

所見
右大腿四頭筋、左中殿筋、右大腿筋膜張筋過緊張
腰椎前弯減少
右仙腸関節伸展制限
足底縦アーチ減少

施術
骨盤、腰椎、頸椎の可動制限に対しカイロプラクティックアプローチ。
1回目の施術後、まだジョギング10キロでの痛みに変化なし。
6日後2回目の施術後、ジョギング15キロまで痛みの出現無し。
7日後3回目の施術後25キロで膝の痛みは出たが股関節の痛みは出なかった。
7日後4回目の施術後40キロでも股関節も膝関節も痛みは出なかったが、走り終わったときにじんわりとした痛みが膝上部に出ていた。これはアイシングで痛みが引いた。
14日後5回目の施術後、42キロ走っても痛み無し。
フルマラソンも無事完走。

まとめ
この男性にはご自宅でも股関節のストレッチと、膝周りの筋膜リリースを伝え行って頂いた。まめに実行して頂いたことにより早期改善につながったと思います。
今回は骨盤腰椎の捻じれから股関節、膝関節周囲の筋肉に過剰な負荷(緊張)が起きた。緊張が起きて疲弊している筋肉に、さらにジョギングによる負荷がかかり耐えきれなくなり痛みがおこる。ジョギングによる負荷がかからなければ痛みは出ない状態でしたが、進行すると階段や歩行だけでも痛みが出るようになります。様子をみるだけは得策ではありません。負荷をかけている骨格のアンバランスを整えることでスポーツのパフォーマンスも上がります。怪我の予防にもなります。ぜひ良い状態でスポーツを楽しんで下さい。

-症例報告

Copyright© パームカイロプラクティック , 2020 All Rights Reserved.